疲れていたら かわいくないぞ

心身ともに元気にかわいくなれる方法をポジティブに綴るブログです。

MENU

ストレングスファインダー診断で自分の取扱説明書をつくろう【実践編】

こんにちは。

ようやくストレングスファインダーテストを実施したくすりやです。

 

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう―あなたの5つの強みを見出し、活かす

  • 作者: マーカスバッキンガム,ドナルド・O.クリフトン,田口俊樹
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社
  • 発売日: 2001/12/01
  • メディア: 単行本
  • 購入: 160人 クリック: 3,045回
  • この商品を含むブログ (460件) を見る
 

 準備編はこちら

qusuriya.hatenablog.com

 

 

では早速結果発表です!

 

 

ストレングスファインダーテスト結果

私の結果はこの通りでした。

1.最上志向

2.調和性

3.適応性

4.アレンジ

5.共感性

 

以下、解説と感想です。特に頷ける部分は太線にしました。長いです!

 最上志向

優秀であること、平均ではなく。これがあなたの基準です。

平均以下の何かを平均より少し上に引き上げるには大変な努力を要し、あなたはそこに全く意味を見出しません。

平均以上の何かを最高のものに高めるのも、同じように多大な努力を必要としますが、はるかに胸躍ります。

自分自身のものか他の人のものかに関わらず、強みはあなたを魅了します。

真珠を追い求めるダイバーのように、あなたは強みを示す明らかな徴候を探し求めます。

生まれついての優秀さ、飲み込みの速さ、一気に上達した技能――これらがわずかでも見えることは、強みがあるかもしれないことを示す手がかりになります。

そして一旦強みを発見すると、あなたはそれを伸ばし、磨きをかけ、優秀さへ高めずにはいられません。あなたは真珠を光り輝くまで磨くのです。

このように、この自然に長所を見分ける力は、他の人から人を区別していると見られるかもしれません。

あなたはあなたの強みを高く評価してくれる人たちと一緒に過ごすことを選びます。同じように、自分の強みを発見しそれを伸ばしてきたと思われる人たちに惹かれます。

あなたは、あなたを型にはめて、弱点を克服させようとする人々を避ける傾向があります。あなたは自分の弱みを嘆きながら人生を送りたくありません。

それよりも、持って生まれた天賦の才能を最大限に利用したいと考えます。

その方が楽しく、実りも多いのです。そして意外なことに、その方がもっと大変なのです。

 

これは、その通り!ですが、一番上に出てくるとは思いませんでした。

得意な事はもっと頑張りたくなるし、苦手な事には手を出さないです。

強みがはっきりしている人に惹かれます。

そもそも自らストレングスファインダーテストをやろうとする人は、こういう傾向がいくらかはあるのではないかなとも思います。

調和性

あなたは同意点を求めます。

あなたは、衝突や摩擦から得るものはないという考えを持っているため、そのような争いを最小限にしようとします。

周囲の人々が異なる意見を持っていることが分かると、あなたはその中の共通する部分を見出そうとします。

あなたは彼らを対立から遠ざけて調和に向かわせようとします。事実、調和はあなたの行動を左右する価値観の一つです。

人々が自分の意見を他人に押しつけるために無駄にしている時間の多さは、あなたには信じがたいほどです。

もし私たちが意見を述べることを控え目にし、代わりに同意や支援を求めるようにすれば、皆がもっと生産的になれるのではないでしょうか? 

あなたはそうなると信じています。そしてその信念によって生きています。

他の人が自分の目標や、主張や、強く抱いている意見を声高に話している時、あなたは沈黙を守ります。

他の人がある方向に動き出すと、あなたは調和という名のもとに(彼らの基本的価値観があなたの価値観と衝突しない限り)、喜んで彼らに合わせてあなた自身の目標を修正するでしょう。

他の人たちが自分たちのお気に入りの理論や考えについて議論を始めると、あなたは論争を避ける方向に持っていき、全員が賛同できる、実用的で地に足の着いた事柄について話すことの方を取ります。

あなたの見方では、私たちは全員同じ船に乗り合わせていて、この船をこれから行こうとしている所に到着させる必要があるのです。それはしっかりした船です。単に自分が船を揺することをできることを示すために、わざわざ船を揺する必要などないのです。

 

 

これは5項目で一番私らしいかも。

チーム内での対立は避けたいので、衝突しそうな人たちがいたら、あらかじめそれぞれに話を聞いて争いを避ける方向に持っていこうとします。頼まれてもないのに。

そしてあまりに一方的に意見を主張されると圧倒されてしまって無言になります。

適応性

あなたにとって今この瞬間が最も重要です。

あなたは将来を既に決まっているものとは考えていません。

将来というのは、今あなたが行う選択によって変わっていくものだと考えています。つまり、それぞれの時点で進む方向を一つずつ選択することによって、将来を見出すのです。

これは計画がないということではありません。おそらく計画は立てているでしょう。たとえ計画が予定通りに行かなくなったとしても、適応性という資質によって、あなたはその時々の状況に容易に対応することができるのです。

突然の要請や予期せぬ回り道に憤慨する人も中にはいますが、あなたは違います。あなたは、それらを期待しているのです。それらは必然のことであり、実のところ、あなたはある程度それを待ち望んでいます。

あなたは生まれつき大変柔軟性のある人です。

仕事上の必要から同時にいくつものことに注意を払わなければならない場合でも、常に生産性を保つことができます。

 

確かに、人生予想外の出来事ばかりだと思っているし、行き当たりばったりで生きているって程ではないですが、計画通りにいかなくても苦になりません。

そもそも、その計画もざっくりとしか立ててません。

アレンジ

あなたは指揮者です。

たくさんの要素を含む複雑な状況に直面すると、最も生産性の高い組み合わせにそれらをアレンジしたと確信するまで、何度も並び替えを繰り返し、全ての要素を自分で管理することを楽しみます。

あなたは、自分の行為を特別ではないと考えています。あなたは、物事を行うのに最良の方法を見つけ出そうとしているに過ぎません。

しかしこのような資質を備えていない人はあなたの器用さに感嘆し、「そんなに多くの事を、どうやって一度に考えられるのですか?」と訊くでしょう。「どうしたらそんなに柔軟でいられるのですか。たった今思いついたことを新しくアレンジするために、既に十分練った計画を棚上げすることができるなんて?」。

でも、あなたはこれ以外の行動の仕方など想像することができません。

旅行の直前に、急にもっと割安な運賃が利用できることになって予定を変更する場合でも、新しいプロジェクトを成功させるために、人材と資源の適切な組み合わせをじっくり考える場合でも、あなたは柔軟性を効果的に発揮するという点で素晴らしいお手本です。

単純なことから複雑なことまで、あなたはいつも最善の「構成」を探します。

変化の激しい状況でこそ、あなたはベストを発揮できます。予期せぬ事態に直面すると、苦心して立てた計画を変えることはできないと文句を言う人もいれば、現行の規則や手続きを盾にして逃げる人もいます。あなたは、そのどちらでもありません。

それどころか、あなたは混乱の中に飛び込み、新しい選択肢を工夫し、抵抗が最も少ない新たな道を探し求め、新しい協調関係を見つけ出します。結局のところ、もっと良い方法があるかもしれないと思うので、そうするのです。

 

 

適応性と似ていますね。予期せぬ事態はいつでも起こると思っています。

その時々でベストな選択をすれば良いと思います。

そして、ひとつのことに集中するよりはいくつものことを平行して行うほうが得意です。

共感性

あなたは周囲の人の感情を察することができます。

彼らが感じていることを、まるで自分自身の気持ちであるかのように感じることができます。本能的に彼らの眼で世の中を見ることができ、彼らの見方を理解できるのです。

あなたは必ずしもそれぞれの人の物の見方に賛成するわけではありません。必ずしも一人ひとりの困難な状況を哀れむわけではありません――哀れむのは、共感ではなく同情でしょう。

あなたは必ずしも、それぞれの人の選択を受け入れるわけではありませんが、理解します。そして、この本能的な能力は素晴らしい力を持っています。

あなたには言葉に表せない問いかけが感じられます。あなたは人々が必要としていることが分かります。

他の人が言葉を探して苦労しているとき、あなたには適切な言葉や適切な言葉のトーンが自然に出てくるのです。あなたは、人々が自分の感情をうまく言い表せるように手助けします。

あなたは、彼らが感じていることを表現するのを手助けします。この素晴らしい力によって、人はあなたに惹かれるのです。

 

この察する能力は仕事を通して培われたのだと感じます。

 なんとなく、相手が欲している言葉、態度は分かります。

ただ、相手の望みどおりに行動するかどうかはまた別の問題です。

 

自分の取扱説明書を作る

第6章を参照して、特にこういう風に扱われたらいいなぁと思う部分ををまとめました。

だいたい30分くらいで出来ました。

自由に思うがまま遠慮せずに書くのがポイントかもしれません。

私は「最上志向」の強みがあります。

・私は仕事で最高の成果を収めることと、その手段を考えることが好きなので、その強みを生かせる業務を与えてください。そのことについて、じっくり話し合いましょう。そして成果を出したら高く評価してください。

・私は失敗を立て直すことに興味がありません。クレーム処理をさせないで下さい。弱点を無理やり矯正させようとしないでください。

 私は「調和性」の強みがあります。

・私とはお互い合意の上で仕事を進めましょう。そして定期的に話し合う場を持ちましょう。同じ調和性を持つ人と仕事をするとより力を発揮します。

・私は争いごとが苦手です。衝突しそうな場面には呼ばないでください。

私は「適応性」の強みがあります。

・進行中の計画があったら早めに私に教えてください。もし、状況が悪化しても柔軟に対応できます。ニーズを察知して対応するのも得意です。

・計画立案、目標設定は私の代わりに立てておいてください。そんなに興味ないです。大事なのは今どうするかです。

私は「アレンジ」の強みがあります

・私は責任ある立場に立てます。異なる強みを持つメンバーをまとめることが出来ます。なので、そのメンバーは私に決めさせてください。複数の業務もこなします。

・私は信頼できない人、意欲がない人とは仲間になれません。

私は「共感性」の強みがあります

・私は他人の感情を敏感に察知します。他の人も自分と同じだと思っています。涙もろいですが気にしないで下さい。

・私は直感的に判断するので、その行動の理由をうまく説明できないときがあります。そんな時は「あなたはどう感じたの?」と聞いてください。

・積極的で楽天的な人といたいです。悲観的で皮肉っぽい人といると萎えます。

 

 

出来ました!

我ながら非常に勝手ですね(笑)

でも、こんな風に振舞えたら、のびのびと生きられそうな気がします。

急には難しいですが、周囲の人に少しずつ自分の強みをアピールしてもいいのかなと思います。

では、また明日~