読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れていたら かわいくないぞ

心身ともに元気にかわいくなれる方法をポジティブに綴るブログです。

MENU

「忙しい!」を断捨離する3つのメリット

こんにちは。

ここのところ仕事の業務量が増えて、残業が増えているくすりやです。
 
元々のんびりマイペースな私はそんな状況にストレスが溜まりがち。
ついつい「忙しい!」と口に出してしまいます。
 
 

f:id:qusuriya:20150709001055j:plain

 
 
「忙しい!」と口に出してもやる事が減るわけでは無いし、周囲にも良い印象を与えません。

 

 
そんな残念な口癖を断捨離するには、
「大丈夫」、「余裕」、「楽勝」と言い換えると良いそうです。
 
それでもつい言ってしまう事はありますが、大事なのはまず口癖に気付く事。
意識するだけでも、口にした時に自分で気が付き、徐々に「忙しい」と言う回数は減っています。
 
今日は自分を反省しつつ、「忙しい」と言う事を断捨離するメリットをあげてみます。
 

「忙しい!」を断捨離すると時間が増える

 
やる事がたくさんあるのは当たり前だと覚悟を決めてしまいましょう。
その上で、忙しいと言ってしまうのは時間管理が出来ていないという事!
なんだか恥ずかしくなってきます。
物事の優先順位を決めたり、スキマ時間を活用したり、タスク管理をしたり…
大丈夫、出来る事はきっとあるはずです。
 
私が困った時に頼りにしているのは、本田直之さんのレバレッジシリーズ。
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術

 

 以前読んだ時に書いた読書メモによると、この本の「時間のレバレッジ」の章にはステップごとの締め切りをカレンダーに書く、時間をルーチン化する、自己投資の時間を天引きする、タスクに制限時間を設けるなどの時間を増やす技が書かれています。

「労力のレバレッジ」や「知識のレバレッジ」の章も「忙しい!」を解消するのに役に立ちそうです。

再読してみようかな?
 

「忙しい!」を断捨離すると成長出来る

 
忙しいと思うと、なんだか慌ただしい気分になり、落ち着いて物事を考えたり、将来の計画を立てたり、勉強したり、新しい事に挑戦したりするのが難しくなってしまいます。
日々の業務に忙殺されて、ただ毎日同じ事の繰り返しだとつまらないです。
 
忙しいを言い訳にするのをやめて、やりたい事はやりましょう。
興味のある事なら楽勝で出来るはず!
その事で、自分の能力もアップするし、思わぬアイディアが浮かんだり、新たな出会いがあったりするかもしれません。
そう思うと、旅行、セミナー参加、料理、ブログ執筆、運動、読書などやりたい事が色々浮かんできます。
 

「忙しい!」を断捨離すると信頼される

忙しい!とバタバタしたり、パニックになるのをやめましょう。
むしろ余裕を醸し出しましょう。
一歩ひいて冷静になれば、忘れ物やうっかりミスも減るはずです。
 
また、穏やかで落ち着いている人には仕事を頼みやすいですし、相談しやすいです。
そんな人は周囲に頼られます。
それではますます忙しくなっちゃう!と考えてしまわないで。
周囲とコミュニケーションをとり、自分の仕事への取り組み方や考え方を知ってもらった方が、業務がスムーズに運ぶし、トラブルも起こりにくく、結果的に自分の時間が増えますよ。
 
 
ホントはゆっくりお茶でも飲んで、ぼーっとするのが好きだけど。
大丈夫、余裕、楽勝です!
では、また明日〜