読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れていたら かわいくないぞ

心身ともに元気にかわいくなれる方法をポジティブに綴るブログです。

MENU

はてなブログpro1周年!ブログを始めてよかったこと

f:id:qusuriya:20160619121933j:image

こんにちは。
5月にブログ開設1周年をむかえたくすりやです。

飽きっぽい私が1年も続けることができたなんて心底びっくりしています。たくさんの方に読んでいただけて感無量です。いつもありがとうございます。
マイペースな更新ですが1か月で10記事を目標に続けていきたいと思っています。
このくらいが負担にならず楽しく続けられるペースかなぁと。今後もよろしくお願いします。

日々浮き沈みはあるものの、ブログを始める前に比べ徐々に日々が良い方向に変わっていっているなぁと実感しております。1年ちょっと前はほぼ沈んでいましたが、そうでもなければブログをはじめようと思わなかったかもしれないので人生に必要な時期だったのかなとも思ったり。はてなproを1年で更新したので、今後1年続けられるように良かったことをまとめてみようと思います。

 

ブログを書いていて良かったこと

たくさんの方とお会いできた、交流できた

ネットで知り合った人に会うなんて自分には無縁のことだと思っていたのですが、周りの方に恵まれネット上やオフ会で楽しく交流させてもらっています。

仕事柄、学生自体の友人も同業者が多く、あまり社交的なほうでもないので、ブログを通して出会った方とお話しするのはすごく刺激的です。いろんな人生、考え方に触れて勉強になります。

オフ会にはブログに書いたもの書かないもの含め10回弱参加しました。 事前にお互いに交流のある方だと、初対面でも初めて会った気がしないのが不思議です。今後も仲良くしてくださいね。

文章を書くことに対する抵抗が減った

昔から文章を書くことに苦手意識がありました。学生時代は 読書感想文や参加レポートなどは負担でしかなかったし、手紙を書くのにも頭を悩ませていました。一方で小説やエッセイを読むことは子供のころから好きで、上手に文章を書くことについてのあこがれがありました。

憧れるだけで特に努力もしてこなかった私ですが、ブログを始めたことで日々何かしらの文章を書くという習慣が出来たのが嬉しいです。仕事でレポート提出など求められても以前ほど負担にならずに取り組めるようになりました。

ブログの文章については習うより慣れろでつたないながらも書いていくことで自分の型が出来てくるのかなぁと思っています。私は最近は記事タイトルと見出しが決まれば7割程度は書き終わった気がしてて、地の文はおまけという認識です。そのくらい肩の力を抜いたほうが気楽にかけることが分かってきました。

気のきいた文章が書けなくても、誤字脱字が多くても、素直に正直に思ったこと体験したこと調べたことなど書いていけたらと思っています。

行動的になった

ブログを始める前は何かしてみたいなぁと思っても、やっぱり面倒くさいとか時間もお金もかかるし…などとできない理由を探して諦めてしまうことが多かったです。何もしないと確かに損はしないし疲れないかもしれませんが、なんだかそれもつまらないなぁと思って。

今は仮に時間やお金を損する結果になってもブログのネタになるからすべてが無駄になるわけではないという事実が背中を押してくれています。やろうかやるまいか悩む時間がもったいない。近頃は書くネタはあっても書く時間がないという新たな悩みが生まれてきました。

好きなことや目標が明確になった

明確なテーマを決めていない雑記ブログですが、書く記事の内容は自然に固まってくるものですね。やはり興味があることや好きなことについては書いていて楽しいし読者の皆さんの反響が大きい気がします。
 
目標をブログで宣言しちゃうというのも効果的。何となく思っているだけだと日々の忙しさに紛れて忘れてしまうんですよね。ブログに書いたということで意識しやすくなる気がして。改めて見返したらお正月に書いたブログの目標はすでにほぼ達成出来ていて自分でもびっくりしました。
 

ブログで副収入が得られた

アドセンスなどで少しですが収入を得ています。本業以外の収入はたとえ僅かでも心の支えと自信につながります。ブログ飯には程遠いですがブログおやつを目指したい。

はてなproを申し込んだ当初は支払った分取り戻せるか不安だったのですが、案外すぐに回収できたので迷っている方は初めてみるのもいいかもしれません。ブログカスタマイズの幅も広がるしモチベーションアップになりますよ。

 

懐かしい1年前の記事

 

qusuriya.hatenablog.com

はてなブログpro にした時の初々しい記事。おはぎさんにお祝いイラスト書いてもらって嬉しかったのを思い出します。

 

今後もよろしくお願いします!