読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

疲れていたら かわいくないぞ

心身ともに元気にかわいくなれる方法をポジティブに綴るブログです。

MENU

【奈良】行列必須の超有名カフェ「くるみの木」でケーキを食べてきました

食・料理 食・料理-外食

 

【&K AMSTERDAMアンド・ケー・アムステルダム】Bambi Hunter バンビハンター

 

こんにちは。
カフェと言う場所には人並みにときめいてしまうくすりやです。
 
先日奈良で人気のカフェ「くるみの木」に行ってきました。
 
クルミの木は、日本にまだカフェという概念がなかった1984年に空間コーディネーターの石村由起子さんが開いたお店です。
 
関西だけではなく全国各地からお客さんが訪れる超有名店。
待ち時間覚悟でお邪魔しました。
 
 

 

 

くるみの木

 

www.kuruminoki.co.jp

 

 

場所と外観

近鉄奈良駅の13番バス乗り場からバスに乗り、附属中学前で下車。

バスは平日も休日も約30分に1本です。

道路の反対側に渡り、線路に突き当たるまでまっすぐ5分程歩くと到着。

f:id:qusuriya:20150820223502j:plain

 可愛い看板

f:id:qusuriya:20150820223957j:plain

まるで小さな森みたい。
手前は雑貨店、奥がカフェスペースです。

f:id:qusuriya:20150820223632j:plain

 入り口にはメニューがあります。
 

f:id:qusuriya:20150820223824j:plain

 

待ち時間 約1時間

 
土曜日の午後2時前にちょっと並んだ後、受け付けで名前を記帳。
そこから席に呼ばれるまで約1時間でした。
 
やっぱり待ち時間は長く感じます。
特に男性は辛いかも?
ここには待たされるのが苦でないタイプの女性と一緒に行くのがベストだと思います。
 
この時間だと遅めのランチに来ている方も多かったですが、一番人気の夏のランチは売り切れていたようです。
 
カフェスペースの奥に待合室があり、セルフサービスでレモン水が飲み放題でした。
石村由起子さんの著書や雑誌「暮しの手帖」を読むことが出来ます。

 

  

 

 

奈良「くるみの木」のレシピ

奈良「くるみの木」のレシピ

 

 

暮しの手帖 4世紀77号

暮しの手帖 4世紀77号

 

 

 

 

隣接している雑誌屋さんで買い物していても、順番が来たら呼びに来てくれます。
 
 

ダークチェリーのケーキ500円

ボリューミーなハンバーガーを食べた後だったので(【奈良】自家製ベーコンがジューシーな「さくらバーガー」のハンバーガーを食べてきました )デザートにとダークチェリーのケーキをオーダー。

 

f:id:qusuriya:20150820224151j:plain

 
ケーキのお値段プラス320円でドリンクが付きます。
ダークチェリーのケーキは柔らかいスポンジに甘さ控え目の生クリーム、甘酸っぱくジューシーなダークチェリー、サクサクのパイがよく合っていて絶妙のおいしさでした!
素直な優しいお味で、大きいケーキなのですがペロリと完食しちゃいました。
 
 

くるみの木の鹿サブレ

 
お土産に併設の雑貨屋cageで奈良らしい鹿サブレを買いました。
1枚ずつ小包装になっているので、職場へのお土産にもオススメです。
 

f:id:qusuriya:20150820224452j:plain

 

 

 

食べログはこちら

tabelog.com

  
 
 
 
ナチュラルで素敵なお店でした。
ではまた~